◎塚 理のマニフェスト       ◎「都市近郊農業のこれから」       ◎「塚の想い・ひとり言」       ◎「皆様へのお知らせ」
■未来ビジョン 塚 理のマニフェスト2017

子ども達のために…

塚 理のマニフェスト2017


◎塚 理の4つの茨木市未来創成ビジョン2017
地域第一!政策中心!政治の「見える化、わかる化、いかす化」始めます!!
1 お祖父さん、お祖母さん、お父さん、お母さん、子どもたち。
  みんなが笑顔の街づくり。
2 みんながわかって納得の街づくり。
3 いつも安心・安全の街づくり。
4 みんなが住みたい、住んでよかった街づくり。

様々なNPOやボランティア経験を通して、現在子どもたちがおかれている環境、子育てを取り巻く…

サラリーマン時代、茨木の医療現場を見てきました。現在までも専門分野として取り組んでき、障害者の…

サラリーマンを辞めなければ政治家になれない日本の現状。しかし、サラリーマンだからこそ多くの税…
ごあいさつ
 ◎ごあいさつ 

「オプジーボってどんな薬なんですか」と声をかけられることが多くなりました(※患者の免疫機能に働きかけてがん細胞の攻撃力を弱める薬)。

 この声から、医療が皆さんにとって大変身近な問題だということを再認識しています。私の政治への第一歩を決めるきっかけの一つは医療現場で見てきた崩壊していく地域医療の現状でした。サラリーマン時代に医療現場を駆け回り、疲弊していく医療従事者、受診する病院がなくなるという患者さん達を目の当りにしました。

 又、学生時代から子どもたちや障がい者の方のNPO活動に従事した経験からも、現場で起きている問題を政治の力で変えたいとの思いで12年間、政治の世界を走ってきました。特にこの4年間は、皆さんからいただく課題だけでなく、新しい議員像にチャレンジする等、新しい取り組みの日々でもありました。

 もちろん、この12年間、街の各駅での街頭演説、街全体も歩き続けました。それは、サラリーマン時代に皆さんと同じように、朝早くに家を出、満員電車に揺られて働いていたことを忘れないためでもあります。

 最近、政治家の「市民の目線に立つ」という言葉が軽く使われている気がしてなりません。目線がぶれないように、初志貫徹を実践するために、これからも自転車や自分の足でこの街をまわり、私たち市民の視点に立った活動を続けます。今まで活動の中で、多くの皆さんからいただいた声は私の宝物です。この声を胸にこれからも躍進します。

■想い 塚の想い・ひとり言

塚 理
「皆さんの信頼を裏切らないために。そして約束を守りたい。」それが私の強い信念です。
この街の医療の未来を変える!
大学院での研究内容について
  マンションのチラシ問題について
安心な救急医療体制について
議会改革って?
■視点 都市近郊農業のこれから

菜の花畑
食の安全や食糧問題に加え、食育、教育、環境など、農業はひとつの産業としての課題を越えた広がりを持つテーマです。
小規模兼業稲作農家が大半
農業収入100万円以上は1割
近郊の優良農地を保全
新規参入に農地法の壁
  緑の空間は希少価値
都市近郊で4つの役割
市民農園で農地維持
地域にあった農政を
茨木市議会委員 塚 理(つか さとる) Copyright (C) 2009 Tsuka-Satoru All rights reserved.